【MMD-DMC2】Nostalogic【波音リツ】解説

【MMD-DMC2】Nostalogic【波音リツ】解説

非常に今更感漂いますが、書くといったので 【MMD-DMC2】Nostalogic【波音リツ】 の解説。

背景に関しては特に変わったことは一切してません。

単純にこーゆーモデルを黒背景に置いてあるだけです。
床板と壁部分は分離して別モデルになっていて、床板部分のみWorkingFloorの影響をうけるように透明度を0.7にしてあります。

鍵盤は下のメタセコSSを見ていただければわかりますが、モデルデータ自体は真っ白です(透明度は0.7)。

この真っ白のモデルに

こんな感じのファイルをスフィアマップ(.sph)として適用してPMDにすると動画のような物体になります。
動画では鍵盤モデルは加算合成で2つ使用しています。

とりあえずこんなとこでしょうか…
キャラクターモデルに関しては特に変わったことは一切してないです。
時間足りなかったのでいつもならモデルでつくり込む部分も全部テクスチャ描いただけなので、あまりカメラで寄れないモデルという秘密はありますけどね!(ノ∀`) そのテクスチャの描きこみも甘いし
フリル足りなかったり髪が一層なので隙間があったりとか、出来としては70%出来くらいの状態です。
頭だけ作る予定が、まるっと1体+服装2着作ったんだからがんばったんだよ!がんばったんだよ!ヽ^ン’ x ‘)ンと主張して終了!

  • memo
  • 【MMD-DMC2】Nostalogic【波音リツ】解説 はコメントを受け付けていません。
コメントは閉じられています。

return top

back to top