モモさんペイントができるまで

モモさんペイントができるまで

【桃音モモ誕生祭】ミラクルペイント【MikuMikuDance】‐ニコニコ動画(9)ができるまで。
↑の画像は没版というか、時間なくて間に合わなかった時用に簡易合成しておいたものです。
結局無事間に合ったんですけど…

■モデル
モモモデルは瞳がボーンで動かせなかったのと、口の動きがあまり動かない作りになっていたのが気になったので顔だけ作りなおしました。
髪のテクスチャはあまり変える気はなかったんですが、なんとなく作り直しルナ以降使っている多少描き込んだ版のテクスチャに。ついでに瞳もキラッキラにしてみました。

■動画
MMDからは背景・星・キャラ・床反射キャラの4回書き出し。


まず、背景+星+キャラ 全て表示させるとこんな感じです。
このまま書き出してもいいのですけど、折角動画加工のステキソフトもありますので加工しやすいように書き出して遊びますヽ^ン’ x ‘)ン
モーションもカメラも音も借り物ですし、モデルも顔とテクスチャをちょっと手をいれただけ+背景を少し作った程度ですから、せっかくの誕生祝いせめて動画加工でMMD画面よりは華やかにー!という感じで。
公開されているモーションですし、背景もモデルも公開予定だったので生データはスペックが許せば手軽に再生できますしね。


背景: 背景+星+キャラを読み込んで、Shift+VキーでPMDを非表示化して背景とPMDが落とす影だけにしてレンダ


星: ☆モデルのみ読み込んで、Bキーでブラックバックにしてレンダ。
☆モデルは手でモーションのバランスをとる余裕がないのはわかりきっていたので、剛体をぶつけて震えさせて動かしてます。


キャラ: キャラクターのみでBキーでブラックバックにしてレンダ。
書き出しはアルファつきで2G制限に引っかからないように分割。


キャラ反射: キャラクターのみでBキーでブラックバックにしてレンダ。
書き出しはアルファつきで2G制限に引っかからないように分割。

MMDからの書き出しが終わったら動画編集のソフトへもっていきます。


まずは背景を作ります。
CrystelEngineに読み込んで設定はこんな感じで合成して書き出し。
設定部分開き忘れてますが、最下部のスクリーンのほうの星動画にはガウスぼかしとグローがかかっています。

背景の動画が出来上がったらNiVEにもっていって背景動画とキャラクター+キャラクターの反射を合成します。


MMDのアルファ付きの書き出しはモデルの透過部分に問題がありますのでキャラクター部分にレベル補正プラグインで透明部分に補正をかけます。詳しくはみくだん MMDのアルファ出力問題をどうぞ。


こんな感じになります。多少レベル補正で色味も変更しています。

キャラ反射はエフェクト>トランスフォームに上下反転のチェックボックスがありますのでそれで反転をかけて、少しガウスぼかしをかけて不透明度をちょうどいい感じに。

キャラと背景を合成した動画ができたらまたCrystelEngineに戻ります。
NiVE1本でも全部出来るとはおもうんですけど、CrystelEngineが使い慣れてるので…


背景とキャラを合成したデータを読み込んで、エッジグロウ・ABSモーションブラーを軽くかけました。

簡易被写界深度は中央から円形グラデの画像を読み込んで中央付近以外はぼんやりするようにかけました。時間的に余裕があればカメラにあわせて設定しなおすんですけど、余裕なかったので今回は全面的に外側はぼんやりです。

あとはエフェクトと文字部分を合成して動画に。

最後にaviutlに持っていって色調補正と音入れ。
あとは1024×576で作っていたので、512×288への縮小とfpsを30から24に下げてます。

再生して極端な音ズレや、どうしようもない画面がないか確認後つんでれんこでエンコしてアップロードして完成ですヽ(・ x ・)ノ

なんというか無駄にソフトいったりきたりしてるような気はしますが、こんなかんじで作ってますよ!
ということでー(=。ω。)
あと特に動画加工を勉強したりしている別じゃななく、エフェクトかけるのたのしー!って感じのノリでやってるのでもっとキレイにできる方法はあると思います。

  • memo
  • モモさんペイントができるまで はコメントを受け付けていません。
コメントは閉じられています。

return top

back to top